このイベントは終了しています

イベント・セミナー情報

Pythonとデータサイエンス

NumPyとmatplotlibを使って人口を視覚的に表現する

主催者: 株式会社khronos  / eventforce eventforce
開催日時: 02/21(水) 13:30 〜 16:30 (本日開催)
会場 : 東京会場(テクニカルソフトウェア株式会社様内)
参加費: 5,000円 支払方法: 当日受付時  
残席状況: 終了しました

NumPyとmatplotlibを使ってデータサイエンスを体験的に学習するハンズオンセミナーです。

 

イベント・セミナー内容

近年、機械学習やディープラーニング、人工知能といったキーワードをしばしば耳にします。これらの分野ではプログラミング言語「Python」が活用されるケースが増えています。また、そのような技術をビジネスの現場で利用するデータサイエンス分野でもPythonの重要度が高まっています。このセミナーでは、なぜそのような分野でPythonが使われるのか、あるいは具体的にどう使われているのかを簡単に説明しようと思います。

1.NumPy、matplotlibとは?
2.NumPyの使い方
3.matplotlibの使い方
4.人口を視覚的に表現する

期待できる効果

NumPyを使って高速に演算を行うことができる
matplotlibを使ってグラフを描画できる
NumPyとmatplotlibを組み合わせてデータを加工できる

こんな方におすすめ(受講対象)

Pythonを使ったデータサイエンスにご興味のある方

詳細情報

開催日時 02/21(水) 13:30 〜 16:30
受付開始 13:15
会場 東京会場(テクニカルソフトウェア株式会社様内)
参加費 5,000円
住所 東京都港区海岸セブン三田ビル3F (地図を表示)
アクセス http://bit.ly/2DwtD5h
募集期限 02/18(日) 23:00
持参品 ノートPC
ジャンル IT
途中入場
途中退場
条件、参加資格 Pythonを使ったデータサイエンスにご興味のある方
必須情報 所属 (企業名など)
キーワード(タグ) プログラミング 株式会社khronos 学習 サイエンス ハンズ 人工 知能 近年 オン ディープ
主催者 株式会社khronos
イベント実施回数 5 回
注意事項
・このセミナーで実行するプログラムはAnacondaを使って動かすことを前提としています。
 ※Anacondaとは、機能強化版のPythonディストリビューションで、よく利用されるPythonパッケージをまとめてインストール可能にしたものです。
・可能な限り、無線LANに接続可能なノートPCをお持ち下さい。
 ※持参できない場合は、お申し込み時にその旨必ず、ご連絡ください。ご連絡のない場合は、機材を準備いたしかねますので、よろしくお願いいたします。
・まことに恐れ入りますが、お支払は当日現金払いでお願いいたします。あらかじめ釣札の無いようご協力をお願いいたします。
キャンセルポリシー
お申し込み後に、やむを得ない理由によりキャンセルされる場合は事務局までご連絡ください。
(edu@training.khronoserv.com)
 

関連イベントは複数の情報から自動で表示しております。

掲示板BBS?

このイベントには投稿できません