このイベントは終了しています

イベント・セミナー情報

介護・看護・リハ職の連携強化のためのリハビリ知識と技術セミナー(東京会場)

効果が期待できる運動や介助のポイントなどの伝え方を理解する!

主催者: 株式会社QOLサービス  / eventforce eventforce eventforce eventforce eventforce
開催日時: 07/27(土) 10:00 〜 15:30 (本日開催)
会場 : CIVI研修センター秋葉原
参加費: 12,000円 支払方法: 当日受付時  
講師: 野田 和美氏(NPO法人日本介護福祉教育研修機構 認定講師/理学療法士)
残席状況: 終了しました

【開催のねらい】
多職種の考え方を変える必要がある!機能訓練≠リハ専門職

地域包括ケアにおける生活期リハビリテーションを支えるリハ職に求められているものは、生活機能の維持・向上等を図ることで、身体機能向上を目的とする機能訓練の提供だけに留まりません。
どのような介護状態であっても、充実してその人らしく暮らす工夫、方法を専門的知識・技術を持ってご利用者・家族に対してだけでなくケアに関わる全ての職種に対しての助言、指導を行わなければ期待できません。
ご利用者の残存能力を生かす介助法の伝達方法、「顔の見える関係の構築」など理解と協力を得るためにそれぞれの職種は何をすべきなのか。
このセミナーでは、ご利用者が効果を感じ、日常生活に定着するためにすべき知識と技術の共有について実践事例からお伝えいたします。

 

イベント・セミナー内容

【参加のポイント】
(1)生活機能の維持・向上は身体機能向上を目的とする機能訓練だけではない
(2)在宅生活を支える様々なステークホルダーとの連携・協働・補完
(3)ご利用者の自立とQOLが保たれるよう総合的に支援できるように調整

【セミナー内容】
■チームアプローチと連携
・多職種によるコミュニケーション障害はなぜ起こるのか
・信頼関係の構築のために(頼り・頼られ、もちつもたれつ)
・多職種連携のポイント ・得意分野と不得意分野の把握
・優先順位と伝える事、伝えなくてよい事
・情報収集力とまとめる力
・結局…評価とクリニカルリーズニング
■コミュニケーションについて
・気づきを促すコーチングとティーチングの使い分け
・伝え方、言葉を変える
・バイスティックの7原則
・傾聴、共感、受容
・言葉以外の伝え方の工夫
・多職種連携におけるリハビリ専門職の役割
■生活期における身体機能・生活機能の評価と生活マネジメント
・基本動作に必用な機能のおさらい
・生活場面における基本動作のマネジメント
・生活場面で出くわす動作の違いと生活動作及び実践方法
・何のための連携
・環境に合わせた生活動作の指導
■介護場面で使える実技
・姿勢が崩れやすい方へのトレーニング
・運動連鎖とバランス
・感覚に働きかける【実技】
・フィードバックのための声掛け
・ポジショニングの体感 ほか

講師紹介

  • 写真:野田 和美氏(NPO法人日本介護福祉教育研修機構 認定講師/理学療法士)
    野田 和美氏(NPO法人日本介護福祉教育研修機構 認定講師/理学療法士)
    広島県出身。阪奈中央リハビリテーション専門学校卒業。卒業後、祐生会みどりヶ丘病院に理学療法士として入職。7年間の勤務の後、退職し株式会社QOLサービスに入社。多機能リハビリセンターありがとうに配属される。現在は、法人内のデイサービスと訪問部門、ショートステイ、サービス付き高齢者住宅にてセラピストとしての視点からよりよい在宅介護のあり方を模索しながらケア・リハビリの知識と技術を提供している。現在、月刊デイにて「歌に合わせてLet's体操!」を好評連載中。

詳細情報

開催日時 07/27(土) 10:00 〜 15:30
受付開始 09:30
会場 CIVI研修センター秋葉原
参加費 12,000円
住所 東京都千代田区神田須田町1丁目5−10相鉄万世橋ビル3F (地図を表示)
アクセス JR秋葉原駅より徒歩5分
募集期限 07/26(金) 15:00
持参品 筆記用具、動きやすい服装
特典 資料提供あり
ジャンル その他
途中入場
途中退場
必須情報 住所、電話番号、所属 (企業名など)、所属組織の住所、所属組織の電話番号
キーワード(タグ) 介護 リハビリ ADL IADL 医療 株式会社QOLサービス 身体機能 生活機能 セラピスト 身体
主催者 株式会社QOLサービス
イベント実施回数 76 回
キャンセルポリシー
キャンセルをされる場合は前日までに必ず事務局までご連絡ください。
 

関連イベントは複数の情報から自動で表示しております。

掲示板BBS?

このイベントには投稿できません