イベント・セミナー情報

認知症の方の生活行為障害へのリハビリアプローチセミナー(大阪会場)

認知症の進行と症状に応じたリハビリテーションの提供

主催者: 株式会社QOLサービス  / eventforce eventforce eventforce eventforce eventforce
開催日時: 09/28(土) 10:00 〜 15:30 (あと 6 日)
会場 : 天満ガーデン貸し会議室
参加費: 12,000円 支払方法: 当日受付時  
講師: 竹下 浩介氏(リハケアガーデン加治木 センター長/作業療法士)
残席状況: 空席あり
お申し込み期限: 09/27(金) 15:00

【開催のねらい】
認知機能トレーニングだけに目を向けない、ADL・IADLに焦点を当てた具体的アプローチ

国が推進するオレンジプラン【認知症の人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域のよい環境で自分らしく暮らし続けることができる社会】を実現するためには、これまでの認知機能の維持・BPSD対応へのアプローチだけに目を向けるのではなく、在宅生活における生活行為障害へ目を向けリハビリテーションを展開することが重要となります。
認知症の方のADL・IADLを正しく評価し、阻害因子を絞ってリハビリテーションの介入点を見つけ出し、いかに介入していけばよいのか。
このセミナーでは、実際に行われている現場実践を基に、翌日からすぐに実践できる適切な認知症リハビリテーションの効果的な取り組みをご紹介いたします。

 

イベント・セミナー内容

【参加のポイント】
(1)環境調整を図りつつ、自ら行動できるように日常の中で自律に向けた反復訓練
(2)「できるADL」「できるIADL」の推進
(3)本人のニーズ・興味を引き出したライフスタイル支援

【セミナー内容】
・認知症リハビリテーションの理論と評価
・適切なアセスメントに基づく評価と科学的根拠に基づくアプローチ
・安全かつより効果的にリハビリテーションを行うためには
・軽度の方へのアプローチ
・中、重度の方へのアプローチ
・高次機能障害の方へのアプローチ
・生活場面やリハビリ場面で拒否がある方へのアプローチ
・場面ごとにおけるアプローチの工夫
・「できること」を引き出しQOLやADLを維持・向上させるためには
・社会参加、QOL向上に向けたリハビリ支援
・【実技】認知症の方の症状に合わせたADL練習と運動療法 ほか

講師紹介

  • 写真:竹下 浩介氏(リハケアガーデン加治木 センター長/作業療法士)
    竹下 浩介氏(リハケアガーデン加治木 センター長/作業療法士)
    鹿児島県出身。病院勤務(回復期・訪問リハ)を経て、株式会社ユニティに入職。訪問看護、デイサービス勤務。病院リハと地域リハの役割の違いを理解する。ご利用者が自分の家・地域で住み続けるためのサポートや「えっ、そんなんできんの?」と本人も驚くような可能性を引き出すサポートを実践中。最近一番印象に残っているストーリーは、91歳のご利用者が「私、生きてきて、今が一番楽しい」と笑顔で語りかけてきたこと。シニア向けのフィットネスジム、市委託の総合事業の事業所も兼務している。

詳細情報

開催日時 09/28(土) 10:00 〜 15:30
受付開始 09:30
会場 天満ガーデン貸し会議室
参加費 12,000円
住所 大阪府大阪市北区天神橋3丁目 4-14 (地図を表示)
アクセス 「南森町駅」3番出口より徒歩3分(大阪メトロ堺筋線)/「南森町駅」3番出口より徒歩3分(大阪メトロ谷町線)
募集期限 09/27(金) 15:00
持参品 筆記用具、動きやすい服装
特典 資料提供あり
ジャンル その他
途中入場
途中退場
必須情報 住所、電話番号、所属 (企業名など)、所属組織の住所、所属組織の電話番号
キーワード(タグ) 介護 リハビリ ADL IADL 医療 認知症 身体機能 生活機能 セラピスト 拒否
主催者 株式会社QOLサービス
イベント実施回数 65 回
キャンセルポリシー
キャンセルをされる場合は前日までに必ず事務局までご連絡ください。

空席あり

イベント参加のお申し込みには、サインインが必要です。新規登録はこちら

 

関連イベントは複数の情報から自動で表示しております。

掲示板BBS?

* 掲示板に投稿するにはサインインしていただく必要があります